本文へスキップ
ホーム ごあいさつ スタッフ 研究 業績
Staff (教室員の紹介)
 客員教授 大久保 孝義
 英名 Takayoshi Ohkubo
 所属 帝京大学医学部衛生学公衆衛生学講座 主任教授
 研究テーマ 生活習慣病・脳心腎血管疾患の疫学研究/臨床研究/薬学研究/臨床試験
主な研究プロジェクト
1. 循環器病の予防に関する調査(NIPPON DATA 2010)
2. 地域住民の潜在性動脈硬化進展度とその関連要因に関する疫学研究(SESSA)
3. 自由行動下血圧・家庭血圧・血圧変動に関する研究(大迫研究、HOMED-BP研究、J-HOME研究、BOSHI研究、等)
4. 脳心腎血管疾患に関する国際・国内共同研究 (EPOCH-JAPAN、JALS、APCSC、PSC、BPLTTC、IDACO、KDIGO、等)

 
 主な論文リスト  (2002年以降)

 
 所属学会 ・Journal of Epidemiology(Associate Editor)
・日本循環器病予防学会誌(副編集委員長)
・Hypertension(Guest Editor)
・Clinical and Experimental Hypertension(編集委員)
・Journal of Hypertension(編集委員)
・Hypertension Research(編集委員)
・ヨーロッパ高血圧学会血圧測定ワーキングループ(メンバー)
・日本高血圧学会(幹事)
・日本疫学会(評議員)、等

 
 受賞 ・日本高血圧学会学術賞
・井村臨床研究奨励賞
・日本疫学会奨励賞
 等

 
 
 社会貢献 ・健康大津21第二次計画策定委員長
 等
 
 
 ひと言 人に適応するエビデンスを作るには、健常人を対象とした疾病の自然経過を観察する狭義の観察疫学研究にも、薬物の効果を検証する臨床試験・治験にも、臨床・非臨床にかかわらず、疫学が必須です。
一緒に研究したい方、ぜひ大学院へ! お待ちしています。

  
 東日本大震災支援活動
滋賀県健康支援チームとして、福島県「ビッグパレットふくしま」において医療支援活動を行いました。(報告PDF)