本文へスキップ
ホーム お知らせ プレス
リリース
研究内容 研究組織 主な研究成果 研究教育に使える資料 論文一覧

研究内容

主な研究成果

 NIPPON DATA80、NIPPON DATA90は、全国から無作為抽出された300地区の国民を対象としており、日本国民を代表する集団のコホート研究に位置づけられています。本研究から得られたエビデンスは健康日本21や動脈硬化性疾患予防ガイドラインなどの策定に活用されています。以下に、主な研究成果を紹介します。

1)血圧と循環器疾患リスクの関係:高血圧治療ガイドライン(2014年版)に引用
 NIPPON DATA80の対象者を年齢別に収縮期血圧値レベルで分類し、19年の追跡期間中における循環器疾患死亡との関連を検討しました。収縮期血圧値が120mmHg未満の群と比較し、血圧値が上昇するほど循環器疾患死亡リスクは上昇しました。この関連は若年者から高齢者に至るまで同様でした。

 

図1.収縮期血圧と循環器疾患死亡との関連 (NIPPON DATA80、19年追跡、男性)



2)血清コレステロール値と冠動脈疾患死亡リスク:健康日本21(第2次)、動脈硬化性疾患予防ガイドライン(2017年版)に引用
 NIPPON DATA80の対象者を血清総コレステロール値で分類し、冠動脈疾患死亡との関連を検討しました。血清総コレステロール値が160mg/dL未満の群に比べ、260mg/dL以上の群でその後19年間の冠動脈疾患死亡リスクが3.8倍高いという結果でした。

図2.血清総コレステロール値と冠動脈心疾患死亡との関連(NIPPON DATA80、19年追跡、男女計)


3)国民の循環器疾患死亡リスクを予測するチャートの作成: 動脈硬化性疾患予防ガイドライン(2012年版) に引用
 NIPPON DATA80にて、血圧・喫煙・血清総コレステロール・糖尿病・性別・年齢の6つの要因により、将来の循環器疾患死亡リスクを高い精度で予測できるNIPPON DATAリスク評価チャートを作成しました。6要因の組み合わせから「10年以内の死亡確率 (%)」の推定値を示しています。図3には男性における冠動脈疾患死亡のリスク評価チャートを示しています。

図3.冠動脈疾患死亡リスク評価チャート(男性、NIPPON DATA80より作成)

 上記の他、肥満症診療ガイドライン2016、標準的な健診・保健指導プログラム「健診結果とそのほか必要な情報の提供(フィードバック文例集)」などにも多くの論文が引用されています。