本文へスキップ
ホーム お知らせ プレス
リリース
研究内容 健康教育に使える資料 NIPPON DATA2010 論文一覧 滋賀医大公衆衛生学Topに戻る

研究内容

研究結果紹介
 NIPPON DATA(National Integrated Project for Prospective Observation of Non-communicable Disease And its Trends in the Aged)はもとは国が実施した断面調査である循環器疾患基礎調査対象者を追跡調査とした研究です。
 1980年(昭和55年)循環器疾患基礎調査の追跡研究がNIPPON DATA80、1990年(平成2年)循環器疾患基礎調査の追跡研究がNIPPON DATA90であり、現在まで長期にわたる追跡を行っています。
 全国から無作為抽出された300地区の国民を対象としたこの研究は、日本国民を代表する集団のコホート研究に位置づけられ、得られたエビデンスは健康日本21策定、日本動脈硬化学会の診療ガイドライン策定などに活用されています。また、NIPPON DATAリスク評価チャートは、生活習慣病の日常診療で広く用いられるとともに、マスコミなどを通して、国民の生活習慣病予防の啓発にも役立てられています。

血圧と循環器疾患リスクの関係:
高血圧治療ガイドライン(2009年版)
 わが国における循環器疾患の代表的な危険因子は高血圧です。図1はNIPPON DATA80に参加した男性の19年追跡データにおいて、収縮期血圧と循環器疾患死亡リスクとの関係を年齢階級別に検討したものです。収縮期血圧と循環器疾患死亡との関連はどの年齢においても強く、収縮期血圧が120mmHg未満のグループに比べ、血圧値が上昇するほど循環器疾患死亡の相対危険度が高くなっています。特に、若い年齢層ほど傾きが急であり、強い関連が認められました。

図1.収縮期血圧と循環器疾患死亡との関連
     (NIPPON DATA80、19年追跡、男性)


 

健康日本21
 NIPPON DATAから、高血圧に起因する脳卒中死亡数は収縮期血圧140-159mmHgの比較的軽度の高血圧で最も多いことが明らかとなりました。これより、軽度の高血圧者および、集団全体に対する血圧低下対策の重要性が示されました。また、実際に国民の収縮期血圧が平均で3mmHg低下した場合、脳卒中死亡率は10%低下、脳卒中死亡者数は約1万4000人減少、脳卒中罹患者数は約3万人減少することが、試算されました。

健康日本21(第2次)
 高血圧・喫煙・高コレステロールは、虚血性心疾患や脳血管疾患などの循環器疾患の危険因子です。NIPPON DATA80の19年追跡データでは、その中でも高血圧が他の危険因子と比べ日本人の循環器疾患死亡に対して大きな人口寄与危険割合を示し、その影響が大きいことが明らかとなりました。また、収縮期血圧が140mmHg未満かつ拡張期血圧が90mmHg未満の非高血圧であっても、至適血圧(収縮期血圧が120mmHg未満かつ拡張期血圧が80mmHg未満)に比べて、正常血圧(収縮期血圧が130mmHg未満かつ拡張期血圧が85mmHg未満)・正常高値血圧(収縮期血圧が130〜139mmHgまたは拡張期血圧が85〜89mmHg)の循環器疾患死亡リスクは高く、循環器疾患死亡数への寄与もきわめて大きいことが示されました。「健康日本21(第2次)の推進に関する参考資料」では、循環器分野の参考文献24報のうち、NIPPON DATAからの論文が3報引用されています。


   
血清コレステロールと心筋梗塞リスク:
動脈硬化性疾患予防ガイドライン(2007年版)、健康日本21(第2次)
  日本人における血清総コレステロール値と冠動脈疾患死亡リスクとの関連についてのエビデンスは不十分でした。そこでNIPPON DATA80の19年追跡データを解析したところ、血清総コレステロール値が高いほど冠動脈疾患の死亡リスクが高いという結果が得られました(図2)。

図2..血清総コレステロール値と虚血性心疾患死亡との関連
     (NIPPON DATA80、19年追跡、男女計)


 近年、血清総コレステロールが低いと死亡リスクが上昇するのではないかという議論もありますが、これは血清総コレステロールが低い者の中にがん・肝臓病などを患っている方や、加齢による衰弱や低栄養の方が解析の対象者として含まれていることによる、「因果の逆転」の結果です。NIPPON DATA80では、肝臓病死亡および追跡開始から5年以内の早期死亡を除いた解析を行いました。その結果、血清コレステロールの低いグループでの総死亡リスク上昇は認められず、260mg/dL以上のグループでのみ総死亡リスクが上昇していました。低コレステロール者における死亡率の上昇の意味するところについては、因果の逆転等、下記の文献に詳しい説明をしています。

〔参考文献〕
上島弘嗣.「コレステロールは高い方が長生きする」の誤謬.産業医学ジャーナル 2010; 33(6): 97-100.
上島弘嗣.疫学から見たコレステロール問題:「コレステロールは高い方が長生きする」の誤謬.ファルマシア 2011; 46(7): 519-524.



国民の循環器疾患死亡リスクを予測するチャートの作成:
動脈硬化性疾患予防ガイドライン(2012年版)
 血圧・喫煙・血清総コレステロール・糖尿病・性別・年齢の6つの要因により、将来の循環器疾患死亡リスクを高い精度で予測できるNIPPON DATAリスク評価チャートを作成しました(図3)。NIPPON DATA80の分析結果をもとに、6項目の組み合わせから10年以内の循環器疾患死亡確率を推定することができます。チャートは冠動脈疾患・脳卒中・全循環器疾患の3種類が作成され、「10年以内の死亡確率(%)」の推定値を示しています。
 例として、男性における冠動脈疾患リスク評価チャートを図3に示します。例えば、60歳代男性・非喫煙・収縮期血圧:120〜139mmHg・総コレステロール180〜199mg/dL・非糖尿病の方の10年以内の冠動脈疾患死亡確率は0.5〜1%ですが、この男性の収縮期血圧が140〜159mmHg、総コレステロールが220〜239mg/dL になり糖尿病も発症すると、冠動脈疾患死亡確率は5〜10%まで上昇することが推定されます。
 日本動脈硬化学会による動脈硬化性疾患予防ガイドライン(2012年版)では、NIPPON DATA80リスク評価チャートを用いて10年間の冠動脈疾患死亡の絶対リスクを推定した上で、LDLコレステロール管理目標を設定することが推奨されています。

図3.冠動脈疾患死亡リスク評価チャート
    (男性、NIPPON DATA80より作成)