本文へスキップ
ホーム お知らせ プレス
リリース
研究内容 健康教育に使える資料 NIPPON DATA2010 論文一覧 滋賀医大公衆衛生学Topに戻る

研究内容

本研究の流れ
 1980年(昭和55年)循環器疾患基礎調査の追跡研究がNIPPON DATA80、1990年(平成2年)循環器疾患基礎調査の追跡研究がNIPPON DATA90です。
 NIPPON DATA80の追跡調査が1994年に旧厚生省研究班で開始されて以来、5年ごとの生死と死因の追跡、およびNIPPON DATA90については日常生活動作(ADL)と生活の質(QOL)の調査が続けられています。さらにNIPPON DATAの対象者は同時に国民栄養調査(2010年は国民健康・栄養調査)の対象者でもあるため、国民栄養調査対象者の追跡研究としても位置づけられます。

【参考図書】
「NIPPON DATAからみた循環器疾患のエビデンス」 NIPPON DATA 研究班 主任研究者 上島 弘嗣 編著
発行:日本医事新報社(2008年7月

  
 
生死・死因の追跡調査
 NIPPON DATA80/90の全ての対象者について、5年ごとに在住市町村役場に住民票を請求し、生存確認調査をしています。除票で転出が判明した人については転出先に住民票を請求します。死亡者については死亡地と死亡年月日を把握します。さらに、死亡者については、総務省の許可を得て人口動態統計テープを使用して死因の同定作業を行います。
 NIPPON DATA80/90の最大の目的は、循環器疾患の危険因子を明らかにすることですので、死亡原因の中でも脳卒中(脳梗塞、脳出血など)および心臓病(特に心筋梗塞)について、その危険因子についての詳しい分析を行っています。
  
 
日常生活動作能力(ADL)追跡調査
 1994年には、65歳以上の生存者には日常生活動作(ADL)の調査を実施しました。NIPPON DATA80の対象者は全国300地区に存在していましたので、原調査を実施した全国約300の保健所に協力をお願いし、保健所職員により14年後のADLや健康状態を調査していただきました。多くの保健所に調査の意義とご理解をいただいた結果、約85%の対象者でADL調査ができました。1995年にはNIPPON DATA90の対象者でも同様の調査を実施し、それ以後、2000年、2006年と3回調査を継続しています。
 これらのデータは、高齢者のADL低下要因の解明につながる貴重なものであるのみならず、国民の健康寿命の算出にも役立つものです。
  
 
 NIPPONDATA80調査地区