本文へスキップ
ホーム お知らせ プレス
リリース
研究内容 健康教育に使える資料 NIPPON DATA2010 論文一覧 滋賀医大公衆衛生学Topに戻る

お知らせ

プレスリリース

2016年 7月21日 NIPPON DATA 研究より、食事中のナトリウムとカリウムの比が高い人ほど循環器病死亡リスクが高いことが明らかになり、英国医学雑誌オープンジャーナル 「BMJ Open」7 月号に掲載されました。 内容詳細は滋賀医科大学のプレスリリースをご覧ください。
このテーマに関して「健康教育に使える資料」を1枚追加しました。
2016年 2月23日 「総摂取エネルギーが多い男性では総死亡,がん死亡,冠動脈疾患死亡のリスクが増加」が 日本動脈硬化学会誌「Journal of Atherosclerosis and Thrombosis」3月号に掲載されることになりました。 内容詳細は滋賀医科大学のプレスリリースをご覧ください。
追記:朝日新聞デジタル(2016年4月3日)で紹介されました。
2015年 8月17日 過去30 年間で日本人の高血圧に対する肥満の影響が増加」が日本高血圧学会の学会誌(Hypertension Research)電子版に掲載されました。内容詳細は滋賀医科大学のプレスリリースをご覧ください。
2015年 2月17日 「野菜・果物の摂取量が多い人で循環器疾患死亡リスクが低下」が欧州臨床栄養学雑誌(European Journal of Clinical Nutrition)に掲載されました。 内容詳細は人間総合科学大学のプレスリリースをご覧ください。→参考資料はこちら
2014年1月30日 「魚介類由来脂肪酸摂取による循環器疾患リスク低下の知見」がNHK全国ニュースに取り上げられました。
内容詳細は滋賀医科大学プレスリリースをご覧ください。  →参考資料はこちら