本文へスキップ
ホーム お知らせ プレス
リリース
研究内容 健康教育に使える資料 NIPPON DATA2010 論文一覧 滋賀医大公衆衛生学Topに戻る
健康教育に使える資材
F-4 危険因子集積とIADL低下リスクとの関連(NIPPON DATA90、5年追跡、男女計)
   危険因子集積とIADL低下リスクとの関連

65歳以上における危険因子集積(高血圧、高コレステロール、高中性脂肪、低HDLコレステロール、糖尿病、肥満、喫煙)と5年後のIADL(手段的日常生活動作)低下リスクの関連を検討した。結果は危険因子の保有数が増加するほど5年後のIADL得点が低下する傾向が観察された。危険因子を予防しその集積を防ぐことは、IADLを維持するのに重要かもしれない。(論文一覧62