本文へスキップ
ホーム お知らせ プレス
リリース
研究内容 健康教育に使える資料 NIPPON DATA2010 論文一覧 滋賀医大公衆衛生学Topに戻る
健康教育に使える資材

B-3 野菜・果物の摂取量が多い人で循環器疾患死亡リスクが低下 (NIPPONDATA80、30-79歳男女9112名、24年追跡結果)

   

対象者を野菜と果物の合計摂取量で4群に分け、循環器疾患死亡リスクとの関連を調べた。野菜・果物の摂取が最も少ない群(1000kcal当たり野菜2皿程度)を基準としたところ、循環器疾患死亡リスクは2番目に多い群(Q3)(1000kcal当たり野菜2皿と果物1回程度)で28%、最も多い群(Q4)(1000kcal当たり野菜3皿と果物1回程度)で26%それぞれ低く、野菜・果物摂取量が多いほど統計学的に有意に低くなった。 (野菜1皿は70g、1回の果物はりんご1/2個を目安とした) また、野菜、果物摂取量それぞれで、4群に分けて検討すると、どちらも摂取量が増えるほど循環器疾患死亡リスクは低かった。 (論文一覧104