本文へスキップ
ホーム お知らせ プレス
リリース
研究内容 健康教育に使える資料 NIPPON DATA2010 論文一覧 滋賀医大公衆衛生学Topに戻る
健康教育に使える資材
A-6 糖尿病と冠動脈疾患死亡との関連(NIPPON DATA80、19年追跡、男女計)
   糖尿病と冠動脈疾患死亡との関連

糖尿病と冠動脈疾患死亡との関連を検討した。正常低値(随時血糖<94mg/dL)の群の死亡リスクを1とした時、正常高値(94〜140mg/dL)、CBG(casual blood glucose)境界値(140〜200mg/dL)、CBG高値(200mg/dL以上または糖尿病の既往歴者)と、随時血糖値が上昇するとともに冠動脈疾患リスクも上昇した。随時血糖は食事量や食事からの経過時間の影響を大きく受けるが、随時血糖と死亡リスクの間に有意な関連が得られ、食後高血糖の意義を評価するうえでも、随時血糖を用いることが有用である可能性が示された。(論文一覧50