本文へスキップ
ホーム お知らせ プレス
リリース
これまでの成果 研究に参加いただく皆様へ(参考) お問い合わせ NIPPON DATA80/90 滋賀医大公衆衛生学部門に戻る
イメージ写真1
健康教育に使える資料
高血圧有病率の年次推移 (1980年〜2010年)
(第3次循環器疾患基礎調査 [NIPPON DATA80]、第4次循環器疾患基礎調査 [NIPPON DATA90]、第5次循環器疾患基礎調査、NIPPON DATA2010)
   

1980年から2010年の30年間における高血圧有病率の推移を分析した。2010年では、50歳以上の男性および60歳以上の女性で高血圧有病率は60%を超えていた。30年間の推移を見ると、男性では若年層(30歳代と40歳代)で、女性ではほぼすべての年齢層で高血圧有病率は低下傾向であった。一方、50歳以上の男性において、過去30年間の高血圧有病率の減少は見られず、高血圧発症予防の対策の強化が必要と考えられた。(論文一覧 総説1