本文へスキップ
ホーム お知らせ プレス
リリース
これまでの成果 研究に参加いただく皆様へ(参考) お問い合わせ NIPPON DATA80/90 滋賀医大公衆衛生学部門に戻る
イメージ写真1
健康教育に使える資料
過去30年間で日本人の高血圧に対する肥満の影響が増加
(NIPPON DATA80/90/2010, 第3,4,5次循環器疾患基礎調査の解析)
   

1980年から2010年までの、適正体重(BMI18.5以上25未満)に対する肥満(BMI25以上)の高血圧オッズ比を算出した。その結果、男女ともにどの年においても肥満による高血圧のリスク上昇が見られたが、1980年から2010年にかけてオッズ比は有意に上昇する傾向を示した。 過去30年間で日本人の高血圧に対する肥満の影響が増加していると考えられた。 (論文一覧 1